Skip to content

BlackBerry Passport SQW100-3 Smartphone

RGV161LW

安全にお使いいただくために

BlackBerry スマートフォン(以下、「スマートフォン」)を使用する前に、本書に記載されている安全および規制に関する情報を確認してください。 必要なときにいつでも参照できるように、この小冊子は安全な場所に保管してください。

国によっては、Bluetooth 対応デバイスやワイヤレスデバイスでの暗号化ソフトウェアの使用が制限されている場合があります。 お住まいの地域の規制については、地方自治体にご確認ください。

最新の『安全および製品に関する情報』を参照するには、www.blackberry.com/safety にアクセスしてください。

最新の保証情報を参照するには、www.blackberry.com/legal にアクセスしてください。

安全に関する重要な注意事項

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

ご使用のスマートフォンで使用が認められているバッテリーおよびチャージャーのみを使用してください。 BlackBerry が指定していないバッテリーまたはチャージャーを使用すると、火災や爆発が発生して重大なけが、死亡、または財産の損失を招く危険性があります。

BlackBerry が指定しているホルスターのみを使用してください。 BlackBerry により認可されていないホルスターを使用すると、ご使用のスマートフォンが電磁波曝露基準を超える可能性があります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

身体から 15mm(0.59in.)以上離してください。 スマートフォンを携行する際に、一体型ベルトクリップ付きアクセサリ以外は使用しないでください。BlackBerry が提供していないアクセサリを使用する場合、そのアクセサリに金属が含まれていないことを確認してください。 これらのガイドラインに従わない場合、スマートフォンが電磁波曝露基準を超過する場合があります。 電磁波曝露基準を長期間超えた場合の健康への影響については、継続的な科学的研究が行われています。

このスマートフォンの FCC 電磁波放射ガイドラインへの準拠の詳細については、www.fcc.gov/oet/ea/fccid にアクセスし、以下に記載されているお使いのスマートフォンの FCC ID を検索してください。 FCC ID は、お使いのスマートフォンの背面にあります。

  • BlackBerry Passport SQW100-3 smartphone(機種番号 RGV161LW):FCC ID L6ARGV160LW
この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

スマートフォンは、0~35°C(32~95°F)の温度で動作するように設計されています。 推奨温度範囲外でのスマートフォンの使用は、スマートフォンまたはリチウムイオンバッテリーに損傷を引き起こすおそれがあります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

スマートフォンのみに依存して緊急通報を行わないでください。 緊急通話やメッセージの送信に必要になる、ワイヤレスネットワークはすべての国、地域で利用できるわけではありません。また、国、地域によっては緊急番号を使用して緊急サービスに接続できない場合があります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

このスマートフォンおよびアクセサリは、お子様に使用させないようにしてください。 お子様にスマートフォンまたはスマートフォン用アクセサリを使用または操作せる場合は、必ずお子様から目を離さないでください。 スマートフォンには小さな部品が含まれており、お子様が口に入れると窒息する恐れがあります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

スマートフォンは、ペースメーカーや補聴器などの医療用機器に近づけないでください。これらの機器が故障して使用者や他の人の重大なけがや死亡事故を招くことがあります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

スマートフォンは水に濡らさないでください。水に濡れると、ショート、火災、または感電の危険があります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

スマートフォンのスピーカーフォンを使用するときは、スマートフォンを耳に付けないでください。 聴覚に重大かつ永続的な障害が発生する場合があります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

スマートフォンの点滅光を見つめると、使用者または他者がてんかんの発作を起こしたり失神したりする原因になる場合があります。 スマートフォンの使用により、使用者また他者が方向感覚を失ったり、意識の喪失、けいれん、ひきつけ、またはその他の不随意運動が発生した場合は、直ちにスマートフォンの使用を中止し、医師に相談してください。 通知用 LED は、スマートフォンの前面、右上隅にあります。 スマートフォンにカメラが搭載されている場合、カメラフラッシュ LED は、スマートフォンの背面、カメラレンズの上または右にあります。 てんかんの発作または失神を起こす可能性がある場合、スマートフォンを使用する前に医師にご相談ください。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

ハンズフリーモードでスマートフォンを使用することが法律で許可されている場合を除き、スマートフォンを運転中に使用しないでください。 運転中にスマートフォンを使用すると、事故が発生し、重大なけが、死亡事故、または財産の損失を招くことがあります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

火災や爆発を招く可能性があるため、ガスが滞留する場所では、スマートフォンを使用しないでください。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

スマートフォンを火にさらさないでください。爆発が発生して、重大なけが、死亡事故、または財産の損失を招く可能性があります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

航空機内ではスマートフォンの電源を切ってください。 スマートフォンを航空機内で使用すると、航空機の計器、通信、動作への影響やネットワークの妨害、運行、乗員、乗客に支障をきたすおそれがあり、法律に違反する場合があります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

スマートフォンは防爆対策等を施した機器ではなく、爆発性のガス、爆発性の微粉、またはその他の爆発性の化学物質が滞留する場所での使用を意図するものではありません。 こうした区域での火花は爆発や火災の原因となり、重大なけが、死亡事故または財産の損傷を招くことがあります。

スマートフォンの安全な使い方

  • スマートフォンの上に重いものを置かないでください。
  • スマートフォンを改造したり、修理をしようとしないでください。
  • BlackBerry が提供するスマートフォンのマニュアルに指示がない限り、スマートフォンの開口部を覆ったり、物を押し込まないでください。 この行為により、回路がショートし、火災や感電の原因になる場合があります。
  • 画面に鋭利な物を接触させないでください。
  • 画面に過度な力を加えないでください。
  • スマートフォンまたはスマートフォンのアクセサリを水の近く(例:風呂場や流し台の近く、湿った地下室、またはプールの近く)で使用しないでください。
  • スマートフォンまたはスマートフォンのアクセサリを不安定な場所に置かないでください。 スマートフォンまたはスマートフォンのアクセサリが落下して大けがをしたり、スマートフォンまたはスマートフォンのアクセサリに重大な損傷が発生したりする可能性があります。
  • お使いのスマートフォンの画面は、ガラスでできています。 スマートフォンを落としたりガラスに無理な力を加えたりすると、ガラスが割れたり欠けたりする可能性があります。 割れたり欠けたりした場合は、画面を修理するまでガラスに触れないでください。
  • スマートフォンを長時間連続して使用しないようにご注意ください。 スマートフォンの使用中に、首、肩、腕、手首、手指、その他の部分に不快感を覚えたら、直ちに使用を止めてください。 不快な症状が続く場合は医師に相談してください。
注意:
デバイスには、クラス 1 LED レーザー製品が含まれています。 製品またはテストの設計で指定されていない操作を行ったり異なる手順を実行したりすると、LED レーザー出力による思わぬ傷害を負う可能性があります。

安全に充電いただくために

AC または DC チャージャーを使用する場合は、BlackBerry が提供するチャージャー、または BlackBerry がこの機種のスマートフォンでの使用を認可しているチャージャーを使用してください。 バッテリーシステムの IEEE Std 1725 への準拠についての CTIA 認定要件に準拠していないチャージャーは使用しないでください。火災、爆発、バッテリーの液漏れ、その他の危険により、深刻な負傷、死亡、または財産の喪失を引き起こす恐れがあり、あらゆる保証が無効になる場合があります。

Qi ロゴの画像 Power Matters Alliance(PMA)の認定マーク

このスマートフォンは、ワイヤレスチャージャーとの使用について Qi および Power Matters Alliance(PMA)の認定を受けています。 Qi または PMA の認定要件を満たしていて Qi または PMA の認定マークがある、サードパーティのワイヤレス充電システムのみを使用してください。 その他のチャージャー機器を使用した場合、火災、爆発、バッテリーの液漏れ、その他の危険により、深刻な負傷、死亡、または財産の損傷を引き起こす恐れがあり、このような損害は補償されない場合があります。

Qi 認可を受けたワイヤレスチャージャーの完全なリストは、www.wirelesspowerconsortium.com/products/ を参照してください。

ワイヤレスチャージャーの表面に他のものを置かないで下さい。高温になり、発火する危険があります。

BlackBerry Passport smartphone 用に認可されているチャージャーの機種

充電ケーブル: HDW-50071-001, HDW-50071-002, HDW-50071-003, HDW-50071-004, HDW-51800-001, HDW-51800-002, HDW-59105-001, HDW-62449-001, HDW-62449-002

AC チャージャー:HDW-58920-001、HDW-58921-001、HDW-58922-001、HDW-58923-001、HDW-58924-001、HDW-58925-001、HDW-58926-001

バッテリーチャージャー:HDW-54535-001

スマートフォンに付属するチャージャーまたは BlackBerry が認可したその他のチャージャーは、標示ラベルに指定されている種類の電源で使用してください。 電源コードを使用する前に、コンセントの電圧が電源コードに印字された電圧と一致していることを確認してください。 スマートフォンは、CTIA 認定アダプター、USB-IF ロゴが表示されている製品、または USB-IF 互換性プログラムに合格した製品のみと接続してください。

コンセント、延長コード、マルチタップに過負荷をかけないでください。火災や感電の原因になる場合があります。 コードやプラグの損傷を防ぐため、チャージャーを電源コンセントやマルチタップから外す場合はコードではなくプラグを持って取り外してください。

電源コード、特にプラグ、対応コネクタ、電源コードとスマートフォンとの接続個所が踏まれたりはさまれたりしないように保護してください。 電源コードは、人が足を引っかけたり、首を絞めたりして怪我をしないよう、必ず安全な方法で配線してください。 落雷の際や使用していない時は、電源からチャージャーを取り外してください。 チャージャーを屋外や風雨にさらされる場所で使用しないでください。

バッテリーの挿入および電源への接続の詳細については、スマートフォンに付属のマニュアルを参照してください。

スマートフォン用のアクセサリを購入するには、通信事業者にお問い合わせいただくか、www.shopblackberry.com にアクセスしてください。

バッテリーの安全な取り扱い

スマートフォンは、取り外し不可のリチウムイオンバッテリーを搭載しています。 バッテリーを取り外そうとしないでください。 バッテリーを取り外すことでスマートフォンの保証書が無効になり、またバッテリーが損傷する場合があります。

バッテリーの取り扱いを誤ると、火災、爆発、火傷、その他の危険があります。 バッテリーに液体が入らないようにしてください。 バッテリーを 60°C(140°F)以上に熱しないでください。 バッテリーを 60°C(140°F)以上に熱した場合、バッテリーが発火または爆発する可能性があります。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

火災または爆発を引き起こす可能性があるため、スマートフォンやバッテリーを火気またはホットプレート、ストーブの天板、室内暖房具、またはオーブンなどその他の外部熱源にさらさないでください。

この図は、次のテキストで説明される内容を示したものです。

バッテリーに異物を混入しないでください。 バッテリーを再製造、分解、改造、粉砕したり、穴を開けたり、折り曲げたり、裁断したりしないでください。 バッテリーを再製造、分解、改造、粉砕したり、穴を開けたり、他の方法で変造した場合は、バッテリーの使用をすぐに止めてください。

バッテリーを短絡させたり、バッテリーの金属端子に金属や導電性物体を接触させないでください。

注意:
バッテリーを取り外そうとしないでください。 BlackBerry は、IEEE Std 1725 に適合するスマートフォン用バッテリーを指定しています。 その他のバッテリーを使用すると、火災や爆発、バッテリーの液漏れ、その他の危険が生じます。 使用済みのバッテリーの破棄は、この文書に記載されている指示に従って行ってください。
バッテリーなしのアイコン バッテリーエラーのアイコン

これらのアイコンがスマートフォンに表示された場合、バッテリーまたはバッテリーへの配線に何らかのエラーが発生したことを示します。 資格を有するサービス担当者にスマートフォンの修理を依頼してください。

運転時および歩行時の安全

運転中はスマートフォンを使用しないでください。 安全運転を何よりも心がけ、運転に集中してください。 車内でワイヤレスデバイスを使用する際は、各地域で定められた法令に基づいて使用する義務があります。

運転前に、 スマートフォンを安全な場所に格納してください。 エアバッグが搭載されている場合、エアバッグ上またはエアバッグの作動範囲内に スマートフォンなどを置かないでください。 エアバッグが発動した際に、深刻なけがの原因となります。

電波は、車両内の不適切な場所に設置されている場合や遮蔽が不十分な電子システムに対して悪影響を及ぼす場合があります。 自動車メーカーまたは販売窓口に問い合わせてください。 車両に電子機器を追加した場合は、機器の製造元に電波による影響についてお問い合わせください。

歩行中または集中を要する行動をする際には、 スマートフォンを使用しないでください。 車両やその他の歩行時の障害物により、重大なけが、死亡事故または財産の損失を招く可能性があります。

アクセサリ(付属品)

この機種のスマートフォンには、BlackBerry が認可するアクセサリのみを使用してください。 認可されていないアクセサリを使用した場合、使用許可および保証の対象外となり、スマートフォンの故障の原因になったり、危険が生じる恐れがあります。

持ち運びの方法:スマートフォンにはホルスター(装着用アクセサリ)が付属していない場合もあります。 スマートフォンを身体に装着する場合は、必ず BlackBerry が提供または認可した一体型ベルトクリップ付きスマートフォン用ホルスターにスマートフォンを入れてください。 スマートフォンを携行する際に、BlackBerry が提供または認可した一体型ベルトクリップ付きホルスターを使用しない場合、スマートフォンが発信しているときには、 スマートフォンを身体から 15mm(0.59in.)以上離してください。 USB ケーブルを使用するかどうかにかかわらず、スマートフォンのデータ機能(例えば、メール、PIN メッセージ、MMS メッセージ、またはブラウザーサービス)を使用する場合は、スマートフォンを 身体から 15mm(0.59in.)以上離してください。 BlackBerry が提供または認可していないアクセサリを使用すると、スマートフォンが電磁波曝露基準を超過する原因となる場合があります。 電磁波曝露基準を長期間超えた場合の健康への影響については、継続的な科学的研究が行われています。 電磁波曝露の詳細については、本書の「標準規格への準拠について」を参照してください。

ほとんどの BlackBerry が認可するスマートフォン用のキャリングケース(例:ホルスター、トートバッグ、ポーチ)には、部品として磁石が含まれています。 磁気帯が含まれるもの、例えばデビットカード、クレジットカード、ホテルのカードキー、テレホンカード等をキャリングケースに近付けないでください。 磁気帯に記録されたデータが損傷または消去される可能性があります。

磁力計

お使いの スマートフォンには、磁力計が搭載されています。 磁力計は、コンパスアプリケーションなどのアプリケーションで使用されます。 磁石、またはホルスター、ヘッドフォン、モニターなど、磁石を含む製品は、磁力計の精度に悪影響を及ぼす可能性があります。 自身の位置を知る目的で使用する場合、特に緊急時には、磁力計を使用するアプリケーションに依存しないでください。

メディア

一部の司法管轄地域では、 スマートフォンの特定機能の使用が禁止または制限されている場合があります。 写真を撮影、処理、または使用する場合には、その地域において適用される全ての法律、条令、手続き、規則に従ってください。これらには、著作権、個人のプライバシー、企業秘密、および安全保障に関するあらゆる法律を含みますが、これらに限定されません。 他者のプライバシーを尊重してください。 著作権の保護により、一部の写真、音楽(着信音を含む)、またはその他のコンテンツのコピー、変更、譲渡、または転送ができない場合があります。

オーディオファイル: オーディオファイルを大音量で聞く場合、特にヘッドホンを使用している場合、永続的な聴覚障害が発生する可能性があります。 周囲の雑音を遮断する目的でヘッドホンの音量を上げないでください。 耳鳴りや、話し声が明瞭に聞き取れないなどの症状がある場合は、医師に相談してください。

聴覚障害の警告画像。

カメラ: スマートフォンにカメラが搭載されている場合、カメラを太陽やその他の明るい光源に直接向けないでください。 視力に重大な障害が発生したり スマートフォンが損傷したりする可能性があります。 カメラフラッシュを使用するときは、カメラフラッシュ LED を被写体の目から 50cm(19.69 インチ)以上離してください。

アンテナ

付属する組み込み式アンテナのみを使用してください。 未承認のアンテナ改造や取り付けは、スマートフォンを破損する可能性があり、米 連邦通信委員会(FCC)などの規制に違反する場合があります。

電子機器との干渉

新型の電子機器のほとんどは、外部の電波の影響を受けないように製造されていますが、 機器によっては、 スマートフォンから発生する電波の影響を受ける場合があります。

ペースメーカー: ペースメーカーに対する電波の影響について疑問がある場合は、医師またはペースメーカーの製造元にご相談ください。 スマートフォンを使用する場合は、使用中のペースメーカーの安全基準に準拠した使用方法であることを確認してください。ペースメーカーの安全基準には、次のような条件が含まれている場合があります: スマートフォンの電源がオンになっている時はペースメーカーから20cm (7.88インチ)以上離して使用する、スマートフォンを胸ポケットに入れて持ち運ばない、スマートフォンで電話を掛けたり、掛かってきた電話を受ける際は、干渉の可能性を最小にするためにペースメーカーと反対側の耳で使用するなど。 何らかの理由により、干渉が発生している疑いを感じた場合は、直ちにスマートフォンの全てのワイヤレス接続をオフにし、スマートフォンの使用をやめ、医師に相談してください。

補聴器:一部のデジタルワイヤレスデバイスは、特定の補聴器と電波干渉を起こす場合があります。干渉が発生した場合は、通信事業者に相談するか、補聴器の製造元に代替機種について問い合わせてください。

スマートフォンには、磁力計が搭載されています。これは、コンパスアプリケーションなどのアプリケーションで使用されます。 磁力計を使用するアプリケーションによって補聴器との干渉が発生した場合は、そのアプリケーションを閉じてください。

その他の医療機器: その他の個人用医療機器を使用している場合、医療機器の製造元に問い合わせ、医療機器が外部の無線から十分遮蔽されているかどうか確認してください。 この情報は、担当医から製造元に問い合わせることができる場合もあります。

医療施設: 医療施設内に掲示された規定により指示されている場合は、 スマートフォンのすべてのワイヤレス接続をオフにします。 病院または医療施設では、外部の無線の影響を受ける機器を使用している場合があります。

航空機内: 連邦航空局(FAA)および連邦通信委員会(FCC)の規制により、飛行中にワイヤレスデバイスの無線を使用することは禁じられています。 航空機に搭乗する前に、スマートフォンのすべてのワイヤレス接続をオフにしてください。 航空機内でスマートフォンのワイヤレス接続がオンになっていた場合、その影響は計り知れません。 航空機の計器、通信、動作に悪影響を及ぼしたり、ネットワークを妨害したり、航空機の運航に支障をきたしたり、違法行為に該当したりすることがあります。 スマートフォンのワイヤレス接続をすべてオフにし、電子機器に関する航空機の規制に従って、無線ベースではない、デバイスのアプリケーションのみを使用してください。

危険区域

スマートフォンは防爆対策を施した機器ではなく、ガスおよび爆発性の微粉が滞留する場所、核施設、航空ナビゲーションまたは通信システム、航空管制システム、生命維持装置または兵器システムなどの運用などに限定することなく、また防爆対策を施した機器が必要となるような危険環境での使用を意図するものではありません。

爆発物の周囲: 爆発の潜在的危険性のある区域にいる場合、 スマートフォンのワイヤレス接続をすべてオフにして、すべての標識および指示に従ってください。 こうした区域での火花は爆発や火災の原因となり、身体的な損傷や死亡につながる可能性があります。

爆発の危険性のある区域は、明確に表示されている場合がほとんどですが、表示されていない場合もあります。ガソリンスタンドなどの給油区域、船舶の船倉、燃料または化学物質の中継設備や保管施設、プロパンやブタンなど液化石油ガスを使用する車両、穀物、ほこり、金属粉など空中に化学物質や粒子が浮遊している区域、および通常車両のエンジンを止めるように指示されるその他の区域などが含まれます。

ガス漏れが発生している近くで スマートフォンの電話を使用してガス漏れを通報しないでください。 その区域を離れ、安全な場所に避難してから、スマートフォンの電話が通じていれば電話で通報してください。

危険区域: 「危険区域」にいる場合、または双方向無線をオフにするように表示された区域では、爆破作業の妨げとならないよう、 スマートフォンのワイヤレス接続をすべてオフにして、すべての標識および指示に従ってください。

デバイス操作時および保管時の温度

スマートフォンとスマートフォンのチャージャーの設計上、保管と使用に適した気温は次の範囲内です:

チャージャーの動作気温: 0 ~ 35℃ (32 ~ 95°F)

スマートフォンの保管気温 (3時間以内): -20 ~ 35℃ (-4 ~ 95°F)

スマートフォンの保管気温 (3時間超過): 22 ~ 28℃ (71.6 ~ 82.4°F)

チャージャーの動作気温: 0 ~ 35℃ (32 ~ 95°F)

チャージャーの保管気温: -30 ~ 75℃ (22 ~ 167°F)

スマートフォンまたはスマートフォンを、推奨される範囲外の気温で使用または保管した場合、スマートフォンが高温になり、深刻なけがや死亡事故の原因となる恐れがありま、また、スマートフォン、アクセサリ、リチウムイオンバッテリーの損傷の原因にもなります。

スマートフォンまたは スマートフォンアクセサリは、ラジエーター、レジスター、ストーブ、またはその他アンプなど熱を発する装置の近くに置かないでください。 スマートフォンを 2 週間以上使用しない場合は、 スマートフォンの電源をオフにしてください。

スマートフォンのクリーニングと修復

お手入れ: 液体クリーナー、スプレー式クリーナー、または溶剤をスマートフォンまたは スマートフォンのアクセサリに使用したり、周囲で使用したりしないでください。 お手入れには、やわらかい乾燥した布を使用してください。 スマートフォンまたはチャージャーをクリーニングする前に、コンピューターからケーブルをすべて外し、チャージャーをコンセントから抜きます。

修理:スマートフォンおよびチャージャーはお客様の手で改造、分解、修理しないでください。 取り外し不可のバッテリーは交換しないでください。 スマートフォンやチャージャーの修理やバッテリー交換は、資格を有するサービス担当者のみが行うことができます。また、使用するバッテリーは各スマートフォンの機種に対して BlackBerry が指定するもののみを使用してください。

次に挙げるいずれかの状況が発生した場合、電源コードをコンピューターまたはコンセントから外し、正規サービス担当者に スマートフォンまたはチャージャーのサービスを依頼してください。
  • 電源コード、プラグ、またはコネクターが破損している
  • スマートフォンまたはチャージャーに液体をこぼした、または異物が入り込んだ
  • スマートフォンまたはチャージャーに雨または水がかかった
  • スマートフォンまたはチャージャーが触れられないほど高温になっている
  • スマートフォンまたはチャージャーを落とした、または破損した
  • ユーザーマニュアルの指示に従っても、 スマートフォンまたはチャージャーが正常に動作しない
  • スマートフォンまたはチャージャーの性能が明らかに変化した

感電の危険を避けるため、 スマートフォンのユーザーマニュアルに記載されていない操作を行わないでください。 認可されていない操作を行うと、損傷の原因となり、 スマートフォン、チャージャー、またはその他のアクセサリの正常な動作を回復するために、正規サービス担当者による広範囲の作業が必要になる場合があります。

スマートフォンのユーザーマニュアルに記載された安全のための指示を守らない場合、限定保証が無効となり、違反者に対しては、サービスの中止、法的措置、あるいはその両方の対応が取られる可能性があります。

スマートフォンとバッテリーの廃棄について

制限付きのゴミ箱の画像

スマートフォンまたはバッテリーを、家庭ごみとして処分したり、焼却処分したりしないでください。

リサイクルロゴの画像

お使いのスマートフォンおよびバッテリーは施設でリサイクル可能です。 この記号はリサイクル素材の使用を表示していません。

バッテリーのリサイクルについては、1-800-822-8837 までお問い合わせください。

米国およびカナダ国内では、Call2Recycle プログラムを通じてお使いのスマートフォンおよびバッテリーをリサイクルできます。 詳細については、www.call2recycle.org(米国国内のお客様)および www.call2recycle.ca(カナダ国内のお客様)を参照してください。

リサイクルおよび安全な廃棄のために、スマートフォンおよびアクセサリを BlackBerryに返却するための情報については、コンピューターのブラウザーから www.blackberry.com/recycling または https://tradeup.blackberry.com にアクセスしてください。 リサイクルおよび下取りプログラムは、一部の地域でのみ利用できます。

これらのプログラムがお住まいの地域で利用できない場合は、地方自治体に電子製品の適切な廃棄に関する規定を確認してください。

スマートフォンおよびバッテリーは、この種の機器の廃棄に関わる各地域の法令および規則に従って廃棄してください。

標準規格への準拠について

電波が及ぼす影響

スマートフォンの無線は、低出力無線送受信機です。 スマートフォンの無線は、ワイヤレスデバイスの電磁波曝露の安全レベルに関する、連邦通信委員会(FCC)およびカナダ政府産業省(IC)のガイドラインと制限、ならびに他の該当する国際ガイドラインに適合するように設計されています。 これらのガイドラインは、Institute of Electrical and Electronics Engineers Standard(IEEE)、米国放射能防護測定委員会(NCRP)など、独立系の科学専門家、政府、機関によって策定されています。

FCC、IC、および他の該当する電磁波曝露に関する国際ガイドラインと制限への準拠を維持するため、スマートフォンを身体から 1.5cm(0.59 インチ)以上離してください。 スマートフォンを携行する際に、BlackBerry が提供または認可した一体型ベルトクリップ付きアクセサリ以外は使用しないでください。 BlackBerry が提供していない装着用アクセサリを使用する場合、そのアクセサリに金属が含まれていないことを確認し、スマートフォンを身体から 1.5cm(0.59 インチ)以上離してください。

電磁波曝露を低減するためには、(i) ワイヤレス信号の強度が高い場所でスマートフォンを使用する、(ii) ハンズフリーのオプションを使用する、(iii) 通話時間を短くするか、代わりにメール、テキストメッセージまたは BBM メッセージを送信する。

比吸収率について

この機種のワイヤレスデバイスの機種は、電磁波曝露に関する政府の要件に適合しています。

このスマートフォンは、前のセクションに規定された方法に従って使用されたときに、米国政府連邦通信委員会(FCC)が規定 する電磁波曝露制限値を超えないように設計および製造されています。 この制限値は、包括的ガイドラインの一部であり、公衆に対する電波の許容レベルを確立しています。 ガイドラインは、独立系の科学機関が定期的かつ周到に科学的研究を行った結果策定された基準に基づいています。 ワイヤレスデバイスの場合の曝露基準には、比吸収率(SAR)という単位を使用します。 FCC が規定する SAR 制限値は、1.6W/kg* です。 SAR のテストは、FCC が指定する標準の動作位置で、テストした全周波数帯において、認定された最高出力でデバイスが発信している状態で実施されます。 SAR は、認定された最高出力で特定されますが、動作中のデバイスの実際の SAR レベルは、最大値よりかなり低くなる場合があります。 これは、ネットワークに到達するために必要な出力のみを使用するために、デバイスが複数の出力レベルで動作するように設計されているためです。 通常、ワイヤレス基地局のアンテナに近いほど、出力は低くなります。

耳元で使用した場合のテストで得られた、このスマートフォンの SAR 最高値を次に示します。

スマートフォン

1g あたりの SAR (W/kg)

BlackBerry Passport SQW100-3 smartphone(機種番号 RGV161LW

1.35

このスマートフォンを BlackBerryが認可する一体型ベルトクリップ付きホルスターに入れるか、身体から 1.5cm(0.59 インチ)離したテストで得られた SAR 最高値を次に示します。

スマートフォン

1g あたりの SAR (W/kg)

BlackBerry Passport SQW100-3 smartphone(機種番号 RGV161LW

1.49

モバイルホットスポットモードで動作している場合、このスマートフォンの SAR 最高値は次のようになります。

スマートフォン

1g あたりの SAR (W/kg)

BlackBerry Passport SQW100-3 smartphone(機種番号 RGV161LW

1.38

身体装着時の測定値(推奨される離隔距離)は、ワイヤレスデバイス (スマートフォンを含む) の機種、付属するアクセサリまたは使用可能なアクセサリ、ならびに FCC および IC の該当要件によって異なります。

FCC は、このセクションの指示に従って使用した場合に FCC 電磁波放射ガイドラインに準拠している報告された SAR レベルに基づいて、このスマートフォンに対する機器認定を行いました。 このスマートフォンに関する SAR 情報は FCC に記録されており、www.fcc.gov/oet/ea で、以下に記載されているお使いのスマートフォンの FCC ID を検索した後、「Display Grant」セクションで確認できます。

スマートフォン

FCC ID

BlackBerry Passport SQW100-3 smartphone(機種番号 RGV161LW

L6ARGV160LW

SAR に関する追加情報は、www.ctia.orgCTIA - The Wireless Association)または www.tele.soumu.go.jp/e/index.htm(総務省の電気通信局)で確認できます。

___________________________________

* 米国およびカナダでは、公衆が使用するモバイルデバイスの SAR 制限値は、体幹および頭部の組織 1g に対して 1.6W/kg となっています(手指、手首、足首、足など末端部では組織 10g に対して平均 4.0W/kg)。

FCC の準拠宣言(米国)

FCC Class B Part 15

このスマートフォンは、FCC(米連邦通信委員会)規則の Part 15 に準拠しています。 動作には次の条件が適用されます: (1)このスマートフォンが干渉を起こさないこと、および (2)このスマートフォンが正常な動作を妨げるいかなる種類の干渉も許容すること。

注意:
準拠責任者による明示的な承認を受けずにこのデバイスを改変または改造した場合、使用者はこのデバイスの操作を行う権限を失う場合があります。

このデバイスは、テストの結果、FCC 規定の Part 15 に従う Class B デジタルデバイスの規定に準拠していることが確認されています。これらの規定事項は、一般住居での使用の際に無線通信に障害を起こす干渉を適切な範囲で防止することを目的としています。このデバイスは無線周波エネルギーを生成、使用、放射することが可能であるため、製造元の指示に従わずに設定および使用を行うと、無線通信に障害を起こす干渉の原因となる場合があります。

ただし、特定の使用状況で干渉が発生しないことを保証するものではありません。 この機器がラジオやテレビの電波受信に有害な干渉を起こす場合(これは、機器のチューニングのオン/オフを切り替えることで確認できます)、使用者は次のような手段で干渉を直すことが推奨されます: 受信アンテナの位置や方向を変える、機器と受信装置の間をより離して置く、受信装置が接続されている電源コンセントとは異なる回路を持つ電源コンセントに機器を接続する、販売店またはテレビ・ラジオの専門技術者に相談する。

ワイヤレスデバイスと補聴器の適合性についての米連邦通信委員会(FCC)要件に関する米国の情報

補聴器や人工内耳などの聴覚デバイスの近くでワイヤレスデバイスを使用すると、うなり音、ブーンという音、ヒューヒューという音などが聞こえる場合があります。聴覚デバイスによっては、このような干渉の影響を受けにくいものがあり、またワイヤレスデバイスにより、発生する干渉の量も異なります。

携帯電話業界は、聴覚デバイスの使用者が聴覚デバイスと適合するワイヤレスデバイスを見つける助けとなるような評価を作成しています。すべてのワイヤレスデバイスの評価が行われているわけではありません。評価されているワイヤレスデバイスには、その他の関連する認可標示と共に評価が表示されています。

この評価は保証ではありません。結果は、使用者の聴覚デバイスおよび聴力損失により異なります。ご使用の聴覚デバイスが干渉の影響を受けやすい場合、評価されたワイヤレスデバイスを正常に使用できない場合があります。

聴力の専門家に相談し、ワイヤレスデバイスと聴覚デバイスを一緒にテストするのが各個人のニーズにあった最善の評価方法です。

このスマートフォンは、スマートフォンで使用される一部のワイヤレステクノロジについて、補聴器とともに使用する場合のテストと評価が実施済みです。 ただし、このスマートフォンでは、補聴器との使用についてテストされていない他のワイヤレステクノロジが使用されている場合があります。 お使いのスマートフォンの各種機能をさまざまな場所でしっかりと試して、スマートフォンを補聴器や人工内耳と一緒に使用する場合に干渉ノイズが聞こえないかどうかを確かめてください。 返品条件や返金条件、および補聴器の適合性に関する情報については、通信事業者に問い合わせてください。

評価の仕組み

M 評価:M3 または M4 と評価されたワイヤレスデバイスは、FCC 要件に適合しており、評価ラベルのないワイヤレスデバイスと比較して聴覚デバイスへの干渉が少ない可能性があります。2 つの評価のうち、M4 の方が優れており、信頼性が高い評価です。

T 評価:T3 または T4 と評価されたワイヤレスデバイスは、FCC 要件に適合しており、評価のないワイヤレスデバイスと比較して聴覚デバイスのテレコイル(「T スイッチ」または「テレフォンスイッチ」)との使用に適している可能性があります。2 つの評価のうち、T4 の方が優れており、信頼性が高い評価です。(すべての聴覚デバイスにテレコイルが搭載されているわけではありません。)

この種類の干渉に対する耐性について、聴覚デバイスを測定することもできます。ご使用の聴覚デバイスの測定結果については、聴覚デバイスの製造元または聴覚の専門家にご相談ください。補聴器の耐性が高いほど、ワイヤレスデバイスによる干渉ノイズを経験する可能性が低くなります。

補聴器に適合するワイヤレスデバイスに関して FCC が実施している活動についての詳細や障害を持つ人が電気通信サービスを利用できるようにするための FCC のその他の取り組みについては、www.fcc.gov/cgb/dro を参照してください。

カナダ政府産業省認定

このスマートフォンは、カナダ政府産業省のライセンス適用免除 RSS標準に適合しています。 動作には次の条件が適用されます: (1)このスマートフォンが干渉を起こさないこと、および (2)このスマートフォンが正常な動作を妨げるいかなる種類の干渉も許容すること。

BlackBerry Passport SQW100-3 smartphone(機種番号 RGV161LW)は、カナダ政府産業省の RSS 102、RSS 130、RSS 132、RSS 133、RSS 139、RSS 199、RSS-GEN、および RSS 210 に適合しています(認定番号 2503A-RGV160LW)。

5150~5250MHz の周波数帯で動作するスマートフォンは、同一チャンネルモバイル衛星システムと干渉する可能性を減らすため、屋内での使用に限定しています。

5250~5350MHz および 5470~5725MHz の周波数帯のスマートフォンに許可されているアンテナの最大利得は、EIRP の制限事項に適合する必要があります。

5725~5825MHz の周波数帯のスマートフォンに許可されているアンテナの最大利得は、必要に応じてポイント間動作および非ポイント間動作用に指定されている、EIRP の制限事項に適合する必要があります。

高出力のレーダーが 5250~5350MHz と 5650~5850MHz の周波数帯において一次ユーザー(優先度の高いユーザー)として割り当てられており、このレーダーが LE-LAN スマートフォンに障害を及ぼしたり、LE-LAN スマートフォンを破損させたりする可能性があります。

クラス B 適合

この スマートフォンは、カナダ政府産業省の「情報技術機器(ITE) – 限度値および測定方法」 ICES-003という電磁波妨害対象装置の規制に規定されている電波雑音の放射に関する Class B の制限事項に適合しています。

その他の規制への準拠

スマートフォンに対する標準要件および規制機関への準拠に関する詳細は、BlackBerryから取得できる場合があります。

このスマートフォンで使用されているレーザーセンサーモジュールは、国際電気標準会議(IEC)規格、IEC/EN 60825-1 2007-03 ED 2.0に準拠しています。

お使いのスマートフォンの FCC ID、IC 認定番号、機種、および標準規格への準拠を表示するには、ホームスクリーンの上部から下にスワイプします。 [設定] > [バージョン情報]をタップして、ドロップダウンリストから[規制関連の承認]を選択してください。

製品情報:BlackBerry Passport SQW100-3 smartphone

仕様:

重量:約 6.9oz(194.4g)(リチウムイオン電池を含む)

サイズ(L x W x H):5 x 3.6 x 0.4 インチ (128 x 90.3 x 9.3mm)

3GB メモリ、32GB アプリケーションストレージ、microSD カードスロット

次のレーザーセンサーモジュールの特性がお使いのスマートフォンに適用される場合があります。

クラス 1 の レーザー製品

最大平均放射電力:0.18mW

電源仕様:

取り外し不可の充電式リチウムイオンバッテリー

3V、1.8V nano SIM カードをサポート

データ同期および充電用のポート互換性:micro USB 2.0、micro USB 3.0

モバイルネットワーク無線仕様:

ノベムバンド LTE の対応周波数帯:LTE 700、LTE 800、LTE 850、LTE 900、LTE 1700、LTE 1800、LTE 1900、LTE 2100、LTE 2600MHz 周波数帯

ペンタバンド HSPA+ の対応周波数帯:UMTS 800/UMTS 850、UMTS 900、AWS 1700、PCS 1900、IMT 2100MHz 周波数帯

クワッドバンド GSM の対応周波数帯:GSM 850、GSM 900、DCS 1800、PCS 1900MHz 周波数帯

電力クラス:クラス 1(DCS 1800、PCS 1900)、クラス 4(GSM 850)(GSM 5.05 で定義)、クラス 4(GSM 900)(GSM 02.06 で定義)、クラス E2(GSM 850、GSM 900、DCS 1800、PCS 1900)、クラス 3(、UMTSLTE

送信周波数:704~716MHz、824~849MHz、830~840MHz、832~862MHz、880~915MHz、850~1910MHz、1710~1755MHz、1710~1785MHz、1850~1910MHz、1920~1980MHz、2500~2570MHz

受信周波数:734~746MHz、791~821MHz、869~894MHz、875~885MHz、925~960MHz、1805~1880MHz、1930~1990MHz、2110~2155MHz、2110~2170MHz、2620~2690MHz

Wi-Fi ネットワーク無線仕様:

ワイヤレス LAN 標準:IEEE 802.11aIEEE 802.11acIEEE 802.11bIEEE 802.11gIEEE 802.11kIEEE 802.11nIEEE 802.11r

IEEE 802.11b/IEEE 802.11g/IEEE 802.11k/IEEE 802.11n/IEEE 802.11r の送受信周波数:2.412~2.472GHz

IEEE 802.11a/IEEE 802.11ac/IEEE 802.11k/IEEE 802.11n/IEEE 802.11r の送受信周波数:5.180~5.825GHz

Bluetooth 無線仕様:

シングルバンドの対応周波数帯:ISM 2.4GHz 周波数帯

送受信周波数:2402~2480MHz

Bluetooth クラス 1

スマートフォンが NFC テクノロジをサポートしている場合、次の仕様が適用されます。

動作周波数:13.56MHz

サポートされるモード:リーダー/ライター、カードエミュレーション、機器間通信

商標などに関する情報

©2015 BlackBerry. すべての権利はその所有者に帰属します。 BlackBerry® および関連する商標、名称、およびロゴは、BlackBerry Limited の所有物であり、米国 およびその他の国において登録または使用されています。 Bluetooth は、Bluetooth SIG の商標です。 Call2Recycle は、Call2Recycle, Inc. の商標です。 CTIA - The Wireless Association は、CTIA - The Wireless Association の商標です。 GSM は、GSM MOU Association の商標です。 IEEE Std 1725 IEEE 802.11a 802.11b802.11g IEEE 802.11ac 802.11k 802.11r および 802.11n は、Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. の商標です。 LTE および UMTS は、欧州通信規格協会(ETSI)の商標です。 PMA Certified および PMA Certified のロゴ は、Power Matters Alliance, Inc.(PMA)の認定マークです。 「Qi」記号は Wireless Power Consortium の商標です。 Wi-Fi は、Wi-Fi Alliance の商標です。 その他すべての商標は各社の所有物です。 本書は、参照用として本書で取り上げるすべての文書(提供される文書または BlackBerry の Web サイトで参照可能な文書)を含めて「現状のまま」提供されるものとし、BlackBerry Limited とその関連会社は、いかなる条件付け、承認、表明、または保証もしないものとし、何ら責任を負わないものとします。これらはすべて、該当する司法管轄地域の適用法で認められている最大限の範囲において明確に放棄されています。

BlackBerry 製品またはサービスの使用条件は、個別のライセンスまたは BlackBerry との他の該当契約に定められています。 本書の内容は、本書以外に BLACKBERRY 製品またはサービスの一部に対して BLACKBERRY が提供した文書による明示的な契約または保証を破棄するものではありません。

BlackBerry Limited
2200 University Avenue East
Waterloo, Ontario
Canada N2K 0A7

BlackBerry UK Limited
200 Bath Road
Slough, Berkshire SL1 3XE
United Kingdom

Published in Canada